Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

潰瘍性大腸炎やクローン病つらい下血

下血

みなさんは下血の経験はありますか?

普通は経験したことないですよね。。。

クローン病患者はまれに下血をすることがあります。

今回は下血について考えていきたいと思います。

クローン病つらい【下血】

下血とは肛門から血が出ることです。

便と混じっての下血は便が黒くなります。

鮮血、いわゆる赤い血がでることもあります。

私は何度か下血を経験したことがあります。

初めて下血したときは『人生終わった、死ぬんだ』と思いました。

鮮血は痔と診断されることがある

腸内出血が原因の下血は便と混じっている下血が多いらしいです。

なので黒い便が出たときは腸内から出血している可能性が高いのです。

腸内から出血しているときは医師も重大事だとすぐ対応してくれるのですが

鮮血の場合は痔と診断されてしまう事があります。

私が下血したときは

鮮血でしたので焦って病院に行ったら痔と診断されて帰らされてしまいました。

ですが、実は腸内での出血があったみたいで

何日も下血が続き、最後は貧血で倒れてしまいました。

痔だと思っても注意

鮮血での下血の場合、痔だと思って放っておいてしまうと大変なことになります。

あまりに血の量が多かったり、数日続くようであれば腸内での出血が疑われるため

受診したほうがいいです。

受診した際にどのくらいの量が出ているか下血が続いているかを医師に伝え

できれば下血の写真を撮って医師に見せたほうが話は早いです。

私もあまりに下血が続く為、下血した際便器の写真を撮っておいて

医師にそれを見せると量が多すぎるので痔ではないと診断されました。

写真を載せたいところですが、あまりにグロテスクな為、控えておきます。

意識してなくても下血する

便に混じった下血だと便意があってしてみたら血が混じってたと

いうことが多いんですが

鮮血での下血の場合はほぼ便意をもよおさずにでてきます。

私は寝ている間でも出てきていました。

トイレからでてこれない状態が続きます。

ずっとトイレで出血しているのですから

いずれは出血死してしまう可能性もあるので

そんな状況になったらすぐに救急車を呼んでください。

私の場合は出血死寸前まで我慢してしまって

輸血を3パックすることになりました。

下血でシーツを汚してしまう時はこれを使っていました。

下血ややストーマからの膿でお悩みの方は是非試してみてください。

ペット用ですがこれだと下のシートまで汚さなくても済みます。

病院だとオムツをはかされちゃってトイレに行くのが大変なので

入院中もこれを使用していました。

 

下血の原因

クローン病は腸内に炎症や潰瘍ができやすい病気で

炎症や潰瘍ができて薄くなった腸壁に傷がつき下血を引き越します。

また炎症や潰瘍の影響で腸内狭窄が起きている箇所を

内容物が無理に通過した場合下血の原因になります。

検査方法

下血は目視できているので

どこからの出血なのか

どの程度の出血なのかを検査します。

出血の量は血液検査のヘモグロビン値で容認できます。

ヘモグロビンが少ない場合は出血が多いということです。

出血箇所は腸内内視鏡で確認するしかありません。

症状が落ち着いてから腸内内視鏡検査を行います。

下血の治療方法

出血が止まっていれば輸血や鉄剤を服用することで

貧血は改善されていきます。

出血が止まらない場合は腸内内視鏡にて

出血部分を焼き出血を止める方法があります。

あまりに出血がひどい場合は外科的手術が必要となります。

下血の改善法

下血を繰り返すのはクローン病患者でもつらいです。

出来る事なら下血での入院は避けたいので

私は普段の生活から下血をしないように気を付けています。

やっぱりエレンタール

やはりエレンタールでの食事コントロールが一番大切です。

エレンタールを飲むことで食事の量が減り

下血の可能性を圧倒的に低くします。

胃腸への負担も減りますしクローン病患者はエレンタールでの食事コントロールは

必須になるのではないでしょうか。

食事をよく噛む

食事した際に固形物を大きいまま飲み込むと良く消化されずに

腸管を傷つけてしまう恐れがあります。

私は食事をする際によく噛んで食べています。

子供のしつけのような話ですが

噛む回数が多い事で食事の量がへり

細かく噛み砕いた食材は胃腸で消化されやすくなります。

これをするだけで下血のリスクを回避できます。

まとめ

クローン病患者は様々な合併症から下血をすることがあります。

下血には便と混じる下血と

鮮血出てくる下血があります。

真っ赤な鮮血の下血の際は貧血を出血量が多く貧血になる可能性が高いので

注意してください。

どちらにせよ下血した際は消化器内科を受診したほうが良いでしょう。

エレンタールとクローン食の併用で下血のリスクを減らしてください。