Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

潰瘍性大腸炎とは クローン病と潰瘍性大腸炎の違い

クローン病と潰瘍性大腸炎の違い

私はクローン病患者ですがクローン病と似ている病気で

『潰瘍性大腸炎』という病気があります。

今回はクローン病とよく似ている病気の潰瘍性大腸炎をピックアップしていきたいと思います。

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は英名『Ulcerative colitis』からUCとも表記されます。

名前の通り大腸に潰瘍ができる病気です。

クローン病と同じく原因不明で完治が難しい病気で

国の難病に指定されています。

潰瘍性大腸炎の症状

大腸に炎症や潰瘍ができる病気です。

クローン病と同じく再燃と寛解を繰り返し

再燃期では下痢、血便、発熱、腹痛などが起こります。

潰瘍性大腸炎も『免疫の異常』で大腸内に炎症や潰瘍ができると考えられています。

やはり潰瘍性大腸炎も食事の管理を再燃を防止していく必要があります。

潰瘍性大腸炎の検査

便の検査や血液検査、大腸内視鏡検査などを行います。

便の検査で便に血液がまざってないかを検査します。

血液検査では炎症の有無、ヘモグロビンの低下などを診断します。

大腸内視鏡検査は体に負担がかかりますし、出血があったり炎症の強いときは避けるので

便の検査、血液検査で潰瘍性大腸炎またはクローン病が疑われるときに行います。

大腸内視鏡検査の目的としては

炎症の範囲と進行具合を確認し、粘膜の一部を採取することです。

潰瘍性大腸炎の治療

炎症や潰瘍のみで生活に支障がない場合は

基本保存治療となります。

抗炎症薬やステロイド治療で炎症を抑え経過観察します。

炎症や潰瘍が進行し、腸内に穴が開く穿孔、瘻孔や極度な腸閉塞がある場合は

外科的手術が必要になる事もあります。

潰瘍性大腸炎の食事

クローン病と同じように食事制限することになります。

こちらに食べても良いもの、避けたいものをまとめてありますのでご活用ください。

クローン病でも食べられるものリスト

食べられる物や調理法が限られてきますので

栄養バランスが偏りやすく栄養不足になることがあるので

食事制限と並行してエレンタールでの栄養摂取も取り入れます。

エレンタールについてもこちらで記事にしています。

クローン病とエレンタール 

潰瘍性大腸炎は治るのか

クローン病と同じく現在はまだ完治に至る治療法は確立されていません。

繰り返す炎症を薬や食事療法でコントロールし

寛解期を長く安定させていく事が治療法となります。

潰瘍性大腸炎とクローン病の違い

腸の画像

潰瘍性大腸炎、クローン病ともに

炎症性腸疾患(IBD)と呼ばれる病気で炎症性腸疾患の中で

潰瘍性大腸炎(UC)とクローン病(CD)に分類されます。

症状も同じですが大きな違いは炎症、潰瘍ができる箇所が違うと言うことです。

潰瘍性大腸炎とクローン病の違い① 炎症箇所

大腸内に炎症や潰瘍ができる潰瘍性大腸炎に対して

クローン病は口から肛門まで消化器すべてに炎症や潰瘍ができるとされています。

私の場合は小腸に炎症、潰瘍ができますのでクローン病と言えるでしょう。

潰瘍性大腸炎とクローン病の違い② 患者数

2019年の累計では国内に

潰瘍性大腸炎の患者数 20万人以上

クローン病の患者数 4万人以上

の患者数がいるとされています。

ですがこの数字は難病の医療補助制度を受けている患者数なので

診断はされたが医療補助制度をなんらかの理由で受けていない患者もいると思われるので

まだまだ患者数は多くなると思います。

潰瘍性大腸炎とクローン病の違い③ 発症する年齢

クローン病は若年層に多いといわれ、10代〜20代がもっとも発症率が高いとされています。

一方潰瘍性大腸炎では20代〜40代で多いとされ

まれに高齢での発症が見られるということです。

クローン病より潰瘍性大腸炎のほうが

より幅広い年代で発症されるということがわかります。

潰瘍性大腸炎やクローン病にならない為に

潰瘍性大腸炎やクローン病は原因が明らかにされていない為

予防策が講じられないという特徴があります。

『こんな生活をしていたら発症します』や『こんな物を食べたら発症します』など

はっきりとした事が言えないのが現状です。

ただ潰瘍性大腸炎やクローン病という病気があると言うことだけでも知っておいて損はないです。

知っているだけでもし自分が発症してしまった場合、早期発見ができるかもれません。

遺伝子的要因

炎症性腸疾患には遺伝子的要因が考えられています。

つまり遺伝があるかもしれないという事です。

親族に炎症性腸疾患を発病している人がいるとしたら

自身もいつか発症するかも知れないという事を頭に入れておけば

症状が出てしまった時に早期発見できるかもしれません。

環境的要因

炎症性腸疾患は遺伝子的要因に環境的要因が合わさると

発病率が高くなると言われています。

環境的要因というのは普段の生活や食生活です。

潰瘍性大腸炎、クローン病ともに食生活の改善で再燃を防ぐことができますので。

おそらく普段から脂や糖質などに気をつけていれば

遺伝子的要因があったとしても発病しないのではないかと私は考えています。

日常の食事を全てクローン病食にするのは難しいですが

食べすぎたり、脂っこい物を食べてしまった次の日は

すこし食事を控え目にして胃腸を休めるなど

バランスの良い生活、食生活を送ることで予防できると考えてます。

 

まとめ

今回は潰瘍性大腸炎をピックアップしてきました。

症状や検査方法、治療法などを解説してきましたが

クローン病と同じく完治する治療が確立されていない病気となります。

ですが双方の炎症性腸疾患は

遺伝的要因と環境的要因が合わさって発病するのではないかと考えられています。

もう一度皆さんの生活、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。