Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
在宅ワーク

潰瘍性大腸炎やクローン病 休職やむをえない

潰瘍性大腸炎の再燃

潰瘍性大腸炎やクローン病を患っているとやむをえなくて休職する方多いと思います。

私も会社員だった頃は入院をくりかえし休職する事が何度もありました。

炎症性腸疾患の患者はその病気の特性ゆえに

何度も休職せざる得ない事態が多発します。

休職をする度に自分を責めてしまいがちになってしまうのです。

今回はそんな潰瘍性大腸炎やクローン病患者の休職をピックアップしていきたいと思います。

繰り返す再燃で休職は免れない

潰瘍性大腸炎やクローン病を患っていると

やはり再燃を繰り返します。再燃じのつらさは炎症性腸疾患を患っている方にしか

わからないと思います。

あの壮絶な痛みや続く下痢、下血。

あの症状が出てしまったらとても会社で仕事してられる状況ではありません。

休職する度に精神が削られる

炎症性腸疾患の患者にありがちなのですが

再燃をして会社を休職せざる得ない状況になり休職してしまうと

同僚や上司に申し訳ない気持ちや自分の不甲斐なさに落ち込んでしまう方が多いんです。

そのため潰瘍性大腸炎やクローン病患者の人はうつ病になりやすいとされています。

炎症性腸疾患を持っていても健康な人と同じように働きたいと思っている人は多いと思います。

ですが、自分の意思とは反対に再燃が起こると寝込んでしまったり

入院を余儀なくされ、休職しなくてはならないので精神的に落ち込みますよね。

精神的に落ち込むと再燃しがち

精神的に落ち込んでしまうのはわかりますが

潰瘍性大腸炎やクローン病はストレスとの関係も大きくあります。

あまり考え込んでしまってストレスを溜めない様にしなくてはいけません。

それには会社の同僚や上司の炎症性腸疾患の理解度が求められると思います。

身の回りの人に病気を理解してもらって

再燃じには考えすぎず体を休める事が大切になります。

再燃しない生活環境を作る

休職をせずに健康な人同じように働くには

再燃をして体調を崩さない事が第一に挙げられます。

食生活や生活習慣を整えて再燃しにくい生活環境を作り上げましょう。

生活環境を作るのと同時に自分の病気

潰瘍性大腸炎とクローン病の癖を掴む事が大切です。

ある程度長年病気と付き合っていくと再燃しそうな時がわかってきます。

再燃しそうな時は食事制限やオーバーワークしすぎないように気をつけるなど

うまく病気と付き合っていく事ができるようになります。

休職できない会社は勤務できない

潰瘍性大腸炎やクローン病は再燃が絶対に付き纏います。

休職できない、休職させないような会社での勤務はまず難しいです。

再燃中に我慢しすぎたりオーバーワークしたりすると

その他の合併症を引き起こす可能性があるので

自分の病気の事を勤務先に伝えておく必要があります。

理解してくれる会社を探す

クローン病はまだ患者数が少ないですが潰瘍性大腸炎はすでに国内で20万人以上となり。

認知度もそこそこ上がってきています。

病気の事を説明し理解してくれる会社を選ぶ事が

潰瘍性大腸炎やクローン病患者が健全な人と同じように働いていくコツだと思います。

理解してくれない会社に勤務するのもストレスが溜まり体調を崩しやすくなる大きな原因となります。

自分のできる仕事内容を把握する

炎症性腸疾患の患者はあまり体に負担をかけるような肉体労働は不向きです。

疲れが溜まり免疫力が下がってきたりすると再燃する可能性が高くなってきます。

自分のできる仕事内容を把握し、体にあまり負担をかけなような働き方を見つけましょう。

また出張や転勤を繰り返すような仕事はおすすめできません。

それは出張先や転勤先で再燃が起きてしまったときに病院を探す事が難しいと言う点と

会社側が派遣先で体調を崩してリタイヤしてしまうのを認めてくれるかどうかという点があります。

腰を据えてできる肉体労働ではない仕事が

我々、炎症性腸疾患患者は向いていると私は考えてます。

社会保険に加入している会社を選ぶ

どうしても再燃すると休職をしなくてはいけません。

休職をして給料が出ないと言うような会社を選ぶのはリスクが大きいです。

社会保険に加入している会社に勤務する事が重要になります。

社会保険は加入していると休業中も給料の約3分の2を支給してくれる制度となっています。

働き方を考える

潰瘍性大腸炎やクローン病患者は働き方を考える必要があります。

とは言ってもいきなり会社を退職してしまっても生活に困窮してしまいます。

会社勤務をされながら副業などを始めて視野を広げていく事や

現在、休職をされている方は他の働き方を視野に入れて行ってみてはどうでしょう。

会社員で副業

会社勤務をしていて副業を始める方は多くいます。

実際に私も再燃で休業をしている際に

家や病院のベッドで出来る事を探してPCワークをメインにする職業を副業として始めて

いまでは在宅ワークをメインに活動をしています。

副業の種類

いきなり副業と言われても

何から始めていいかわからないという方も多いと思いますので

あずある副業の中で

潰瘍性大腸炎やクローン病患者に向いているのではないかと思う副業を紹介します。

    クラウドソーシング
    投資
    アフィリエイト

この3つが自宅にいながらでも出来るので潰瘍性大腸炎やクローン病患者には

向いていると私は考えています。

クラウドソーシング

ネット系ビジネスの入り口と言ってもいいのがクラウドソーシングです。

この3つの中ではクラウドソーシングが一番早く成果を出す事ができるます。

クラウドソーシングサイトに無料登録をしてサイト内にある仕事を受注し

こなしていきます。

デメリットとしては初心者が出来る仕事は単価が安いということです。

投資

成功すれば大きな利益をあげられるのが投資です。

株、投資信託、外貨トレード、仮想通貨での投資が考えられます。

ただいきなり始めるには資金も多く必要ですし、リスクもかなり大きいです。

もし始めるとしたら少額投資やTポイントを使っての投資などもありますので

そういったリスクの少ない物から始めて株を学んでみるのもいいと思います。

アフィリエイト

サイトやSNSを使って物販やセミナー受講などに促すのがアフィリエイトです。

サイト構築やSEO対策など奥が深いけどやりがいのある副業です。

こちらもやはりすぐに利益を上げることは難しいです。

サイトのPV数やSNSのフォロワー数を増やしていかないといけません。

潰瘍性大腸炎やクローン病の方は今後のことを考えて休業中にSNSを始めて

フォロワー数を増やしてみるのも良いかと思います。

おすすめはクラウドソーシング

3つご紹介しましたが

投資やアフィリエイトはすぐに利益には繋がりません。

利益を上げることが出来れば大きな利益に繋がるのですが

それには準備期間や資金が必要となります。

まずはクラウドソーシングから始めてみてはどうでしょうか?

クラウドソーシングはネットビジネスの入り口と言われていて

初心者でも出来る仕事が数多く存在しますし。

時間のあるときだけ仕事をする事もできます。

少しずつ出来る仕事をこなしてスキルアップしていく事ができるのでおすすめです。

まとめ

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患患者は再燃を繰り返す為

休業する事はやむおえないといえます。

会社勤務している方は病気の事を理解してもらい

休業中に充分に体を休められるようにしましょう。

また再燃を繰り返す病気ですので、働き方を考えなくてはいけません。

ですがいきなり会社を辞めてしまうのはリスクが大きい為、副業から始めてみてはどうでしょうか。