Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

 クローン病とアルコール クローン病は飲酒をしても良いか

クローン病患者がお酒を断る

クローン病患者の皆さんお酒は飲みますか?

食事や飲み物はクローン病にとって気をつけなくてないけない事だと

何度か解説してきましたが

アルコールはどうなんでしょうか。

私はアルコールを好んで飲む方ではないので

普段飲酒する機会はあまりありませんが

そういえば、クローン病と診断を受けたときにアルコールのことも

医師からチクチク言われたことを思いだしました。

今回はクローン病とアルコールについてのお話です。

潰瘍性大腸炎やクローン病はアルコールを飲んでもいいのか

結論から言いますと

クローン病患者にとってアルコールはあまり良くはありません。

ただアルコール好きの方も多いでしょうから

なかなかアルコール好きでクローン病を患ってしまった方を

納得させるのはそう簡単ではありません。

食べ物も制限され飲酒や喫煙も制限されるのは大変つらいかと思いますが

クローン病患者にアルコールはなぜいけないのか

アルコールとの付き合い方について考えていこうと思います。

なぜ潰瘍性大腸炎 クローン病患者はアルコールが良くないのか

アルコールに限ったことではないのですが

クローン病は刺激物の摂取断たないといけません。

摂取した物によって胃腸を刺激されると腹痛を引き起こす要因となってしまうからです。

また腸内に傷があり出血している場合は

アルコールの摂取により出血の量をさらに増やしてしまう可能性があります。

再燃期や下血があるときは特にアルコールの摂取は控えましょう。

禁酒によるストレス

クローン病にとって飲酒は良くないと言えますが

それ以上に良くないのは我慢する事でストレスを溜めてしまう事です。

クローン病にとって一番良くないのはストレスだと私は考えています。

なんせ我慢することが多い病気ですから。。。

ですので、アルコールもストレスがたまらない程度に飲んでもいいと思います。

ただ飲酒の仕方など注意していかなければなりません。

潰瘍性大腸炎/クローン病患者 飲酒する際の注意点

まず飲酒する際の大前提として再燃期ではないか?下血や腸内出血が起きてないか?を

再確認してください。更に悪化させる恐れがあります。

血液検査の結果などを参考にするといいです。

再燃、出血がないと言うことで話を進めます。

お酒が好きだったり、付き合いなどでどうしても飲酒をする際は

糖質の少なくアルコール度数の低いお酒を選んでください。

ビールや日本酒など糖質が多いので腹痛を引き起こすことがあります。

アルコール度数が高いと下痢の起こしやすいです。

さらに発泡酒やビールなど炭酸の入ったお酒はガスが溜まり腹部圧迫をされるので注意が必要です。

飲めるお酒は限られてきますね。。。

潰瘍性大腸炎/クローン病でも飲めるお酒

ビール、日本酒、発泡酒、アルコール度数の高いお酒が飲めないとなると

必然的に飲めるお酒は限られてきます。

ワインや薄く割った焼酎、カクテルとかですかね?

あまりお酒飲まないので詳しくないですが

この辺りが無難かと思います。

ただこれらのお酒でも飲み過ぎると体調を悪化させてしまいますので

自身の体調と相談しながらにしてください。

飲酒しなくてもお酒の席には注意

実際にお酒を飲まなくても付き合いでお酒の席に同席しなくてはならない事も

あるかと思います。

飲まなくてもお酒の席に同席する際は注意する点がいくつかあります。

私は付き合いでお酒の席に同席して飲酒はしてなかったのですが

再燃して入院してしまったことがあります。

お酒の席は潰瘍性大腸炎やクローン病には酷

飲酒をしなくても付き合いでお酒の席に同席しなくてはならない事もあるかと思います。

ですがお酒の席はクローン病患者は避けたいところです。

飲酒される方はつまみなど食事もされるかと思います。

お酒の席での食べ物はクローン病には良くない脂質、糖質を多く含む食べ物が付き物でです。

飲酒しない方は食べ物を食べるしかありませんのでクローン病患者には酷かと思います。

お酒の席で飲酒しなくとも再燃

私の実体験ですが

どうしても会社の付き合いでお酒の席に同席しなくてはいけないことがありまして

クローン病だと言う事もあり飲酒は避けていたのですが

やはり長いお酒の席なので食べるしかなく

糖質や脂質が多いものを普段より摂取することになり

翌日再燃するということがありました。

やはり、クローン病にとってはお酒の席はなるべく避けた方が良さそうです。

潰瘍性大腸炎orクローン病だということを認知してもらう

会社の付き合いなどの飲み会は避けて行きたいのですが

周囲にクローン病である事を認知してもらわないとどうしても誘いが来ると思います。

クローン病であって再燃を避けたいのであれば

やはり会社の同僚や上司にクローン病であることを認知してもらう必要があります。

 

まとめ

クローン病にとってアルコールの摂取は注意をする必要があります。

絶対に飲酒がダメと言う事ではないですが

飲酒するお酒の種類に注意して飲んでください。

また、ご自分が飲酒をしなくても

お酒の席での同席は糖質、脂質の多いものを食べてしまいがちになるので

なるべく避けた方がいいと私は考えています。

付き合いで同席しなくてはならない場面もあると思いますので

会社の同僚や上司にクローン病である事を理解してもらう必要があると思います。