Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

クローン病とタバコ、喫煙はクローン病の大敵

喫煙を我慢するクローン病患者

クローン病になるとまず医師から言われるのが食事に関して

そして次に言われるのがタバコに関して

絶対に禁煙を促されます。

今回はクローン病がなぜ喫煙してはいけないのか

喫煙しているとどうなるのかにを解説していきたいと思います。

クローン病にタバコは良くない

医師にクローン病と診断されて、絶対に言われる言葉が

『禁煙してください』です。

喫煙している方にとっては衝撃のワードですよね。。。

『好きな物も食べれず、タバコも吸えないの?』が私の第一声でした。

私はヘビースモーカーでクローン病になってしまったので

初めは禁煙のススメを全く無視していました。

喫煙は肺だし、腸関係ないじゃんとしか思ってなかったです。

喫煙で再燃リスク増加

クローン病と診断されてから3回目の再燃での入院の際に

医師から『タバコまだ吸ってるよね』と言われました。

3回目の禁煙の進め。。。

医師によるとタバコを吸うことで肺だけではなく

胃腸にも影響があるのだそうです。

特にクローン病は喫煙によって再燃のリスクが高まると言われています。

胃腸にも影響がある喫煙

喫煙をすることにより、胃腸の毛細血管を委縮させてしまうようです。

肺だけではなく胃腸にも影響があるという事なのでクローン病には大敵なんですね。

胃への影響、腸への影響とそれぞれ違うので

喫煙がもたらす胃への悪影響と、腸への悪影響を見てみましょう。

喫煙がもたらす胃への影響

胃の粘膜に張り巡らされた毛細血管を委縮させてしまい

消化機能を低下させてしまうようです。

胃の消化機能を低下させれてしまうと消化しきれてないものが腸に流れ込んできてしまうので

クローン病患者には一大事です。

狭窄があれば腸閉塞を起こしかねません。

喫煙がもたらす腸への影響

喫煙によるニコチン摂取により軟便をもたらします。

ただでさえ下痢の症状になる事が多いクローン病ですので

喫煙によってさらに下痢を悪化させてしまう可能性が高まります。

禁煙の薦め

健康な人でも、喫煙をすることにより体に悪影響がでます。

クローン病なら再燃を早めることになりかねなので

なおさら禁煙することを薦めます。

私も喫煙者でしたが現在はタバコをやめて禁煙歴6年です。

やはりクローン病になったばかりの頃は禁煙しなきゃいけないとはわかっていても

中々踏み切れなかったのです。

タバコを止めるために行った事

禁煙に成功するために行ったことはいくつかあります。

禁煙するためにした事

  • タバコを知る
  • タバコの身内への健康被害
  • 金額を考える
  • 電子タバコを試す
  • 入院の経験を忘れない

これらが禁煙の秘訣だと思います。

常にタバコの事を考えてしまう喫煙者ですが

これらの事を頭に入れておけば禁煙することが出来ます。

1ヶ月です。まずは1ヶ月禁煙してみましょう。

タバコが吸えなくなります。

タバコを知る

まずは喫煙がもたらす自分の体への悪影響を知りましょう。

肺への悪影響や、胃腸への悪影響、口臭、歯の黄ばみ

たくさんあります。

これらを考えればタバコなんて吸いたくなくなります。

身内への健康被害

タバコは喫煙者だけでなく近くにいる非喫煙者の体にも悪影響を及ぼします。

自分が喫煙することによって家族や他人の健康を蝕んでしまうのです。

そう考えるとタバコを吸う理由なんてないですよね。

金額を考える

消費税がまた上がり、タバコの値段も年々上がっていきます。

日本がタバコでとれる税収は年間でなんと2兆円を超えるそうです。

そしてこれからもまだまだ値上がっていきます。

タバコの税は上げても絶対買う人が減らないと考えられているからです。

現在1箱500円のタバコを1日一箱吸うとしましょう。

月額15000円になります。

年間だと180000円

10年続けると180万円

途中値段の変動がありますが1箱500円で考えて

20歳からタバコを吸い始めて60歳まで1日1箱吸ったとします。

なんと730万円。

生涯で730万円分の煙を吸引して健康被害がでるのです。

コスパ最悪ですね。。。

電子タバコに切り替える

喫煙者が禁煙するときは手元や口元がさみしいといいます。

私も初めはそうでしたが電子タバコを1ヶ月試してみました。

電子タバコで1ヶ月生活するとタバコが不味くて吸えなくなります。

タバコを吸うとむせてしまいました。

禁煙するには電子タバコは最適だと思います。

入院の経験を忘れない

クローン病患者は入院をして苦しい思いをしているはずです。

喫煙をすることによって再燃して再びつらい入院生活を過ごしたくなければ

禁煙したほうが絶対にいいです。

クローン病だけじゃなく他の病気の引き金にもなりかねないです。

まとめ

喫煙はクローン病患者にとって再燃を引き起こす原因となります。

医師から禁煙を進められますが私も初めは禁煙に踏み切ることができませんでした。

ですが再燃して入院するという生活を繰り返す中で

あるとき禁煙する覚悟を決め

今現在は禁煙6年目となります。

健全な方でも喫煙は体に悪影響を及ぼします。

出来るだけ早くタバコと決別できるようしていきましょう。