Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

【腸閉塞】クローン病の合併症 腸閉塞の恐怖

腸閉塞とは

クローン病には様々な合併症が起こりえます。

代表的な合併症として腸閉塞を引き起こします。

今回はクローン病がなぜ腸閉塞になってしまうのか

対策や効果的な治療法を考えていきたいと思います。

腸閉塞とは

腸閉塞とは病名の通り

腸に閉塞がありそれによって排便が出来ずに

腹痛などの症状を引き起こします。

最近は『イレウス』とも呼ばれています。

クローン病患者でなくても腸閉塞を起こすことはあり得ます。

腸閉塞には

『機械的イレウス』

『麻痺性イレウス』

の2パターンがあります。

機械的イレウス

難しい名前ですが、簡単に言うと物理的に腸閉塞(イレウス)が起きているということです。

腸内に物理的な障害があり排便や排ガスが出来ない状態にあり

腹痛や嘔吐などの症状が出てしまいます。

原因としては異物混入、腸捻転、術後癒着、腸内狭窄などが考えられます。

麻痺性イレウス

腸は常に動いて排便や排ガスを促します。

腸が何らかの原因で腸管運動に障害をきたし腸閉塞になってしまうことを

麻痺性イレウスと言います。

薬の副作用や急性腹膜炎などで麻痺性イレウスになってしまうことがあります。

腸閉塞の検査

腸閉塞の診断方法はX線検査や造影剤CT検査などがあります。

腸閉塞の症状があるときは腸内内視鏡(大腸カメラ、小腸カメラ)は

さらに圧力をかけてしまい症状の悪化を招いてしまうので行いません。

腸閉塞の治療

保存療法としては基本的に絶食となります。

胃腸を休めて経過観察をします。

腹痛が収まらないときや腸穿孔(腸に穴が開く)が考えられるときは

鼻から腸までチューブを挿入し減圧を行います。

保存療法で改善しないときは手術となります。

 

クローン病の腸閉塞

クローン病患者は主に機械的イレウスになります。

腸管内で炎症や潰瘍ができ

それが障害となり機械的イレウスの症状が出ることがあります。

また手術で潰瘍を切除した場合でも

切り口が癒着し癒着部分が障害となり機械的イレウスを引き起こすことも考えられます。

腸閉塞の予防

クローン病患者が腸閉塞にならない為には

再燃を起こさないことが大前提とされます。

再燃してしまうと炎症や潰瘍のせいで腸閉塞を起こしてしまうからです。

それと食事の制限です。

食事の制限は再燃を起こさない事に繋がるんですが

寛解期でも腸に負担のかかる食事をしてしまうと

消化できずに機械的イレウスを引き起こしてしまいます。

食事制限とエレンタールの併用が腸閉塞を

予防する為の最善策だと私は考えています。

クローン病患者が腸閉塞になったときにやってはいけない事

それでもクローン病を抱えていると腸閉塞になる事はあります。

腸閉塞になった際にやってはいけない事がいくつかあります。

まずは『我慢をする事』

腸閉塞になって腹痛があるときに病院に行かず我慢するのは

良い選択ではありません。

腸に圧力がかかりすぎて腸壁を傷つけることがあります。

最悪の場合は腸に穴が開いてしまう腸穿孔になってしまう恐れもあります。

我慢せずに受診してください。

もう一つのやってはいけない事は

『浣腸をすること』

腸閉塞になると排便が無くなります。

無理やり排便させようと浣腸をする医師が極まれにいるのですが

クローン病の知識がある医師はまず浣腸はしません。

腸内に炎症や潰瘍がありそれが障害となり腸閉塞を起こしているときは

浣腸などで外部から圧力を掛けてしまうと腸穿孔の恐れがあるからです。

クローン病患者が腸閉塞になったときは必ず消化器内科を受診してください。

個人的に行っている腸閉塞予防

私が個人的に行っているものであって推奨はしてません            専門の医師の指示に従ってください。

私はクローン病歴10年とベテランの域に達しているので

自分が腸閉塞になるパターンや腸閉塞になりそうな時を把握しています。

なので普段から腸閉塞予防として

1日1食生活を送っています。

もちろんエレンタールを飲みますので

朝エレンタール、昼エレンタール、夜エレンタール+クローン病食

といった生活をここ3年間送っています。

在宅ワークであまりカロリー消費が少ないからなのか

これで十分生活していけてます。

3年間1度も腸閉塞は起こしてません。

ただ固形物の摂取が少なくエレンタール中心の食生活なので

常に下痢というデメリットがあります。

最初はつらかったですが3か月ほどで慣れてきて1日1食でも我慢できるようになりました。

野菜不足になりがちなクローン病なので野菜は青汁で補っています。

まとめ

クローン病の合併症で代表的な症状として腸閉塞が起こりえます。

腸閉塞には機械的イレウスと麻痺性イレウスの2種類が考えられます。

クローン病の腸閉塞は機械的イレウスが多いです。

腸閉塞を予防する為にも食事制限とエレンタールを併用することを

おすすめします。