Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

潰瘍性大腸炎と花粉症の関係

潰瘍性大腸炎と花粉症の関連性

今回は潰瘍性大腸炎やクローン病と花粉症の関係について考えていきたいと思います。

潰瘍性大腸炎やクローン病患者は花粉症である確立が恐ろしく高いです。それは炎症性腸疾患も免疫の異常だと考えられているので花粉に対しても異常に免疫力が働いて花粉症を引き起こしていると考えられます。

そんな炎症性腸疾患の方はどう花粉症に対抗していくのが良いのでしょうか。

腸内環境が悪いと花粉症になる

花粉症は腸内フローラとの関係もあるとされています。潰瘍性大腸炎やクローン病患者は病気の特性から腸内環境が悪くなりやすいと考えられます。

腸内環境が悪い状況では花粉症のみならず、アトピー皮膚炎やハウスダストに対してのアレルギー等にもなりやすいと言えます。

実際に私もクローン病を発病してから花粉症になり、食物アレルギーやアレルギー性鼻炎など免疫に関与する症状が多発しています。

腸内環境を整えて花粉症を予防

花粉症は、「花粉は体に害のある物だ」と免疫が判断しアレルギー反応が出ます。つまり免疫の異常反応が原因です。

腸内環境を整える事でこの異常に反応してしまう免疫のバランスを整えることができます。菌やウイルスには免疫が強く反応し体に害のない花粉には反応しない様になります。

腸内環境を整える方法

腸内環境を整えるにはいくつか方法があります。もっとも手軽に腸内環境を整えるには腸内環境を整える食事を摂ることです。

  • 腸内環境を整える食事
  • 納豆
  • キムチ
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • ぬか漬け

などの発酵食品を進んで摂取することが有効です。ですが潰瘍性大腸炎やクローン病患者はこれらの発酵食品を多く摂取するのは食事制限もあり難しい事です。

私は青汁で腸内細菌を整えています。

野菜不足になりがちな潰瘍性大腸炎やクローン病ですが青汁を取り入れる事で野菜で摂取するべき栄養素を補う事が出来て、同時に乳酸菌も摂取できるのでおすすめです。

大正製薬の乳酸菌青汁

 

 

 

日々の花粉症対策

花粉は目や鼻から体内に侵入する事で体がアレルギー反応を起こしてしまいます。花粉に対する予防を行い、花粉を体内に侵入させない習慣を身につける必要があります。

花粉はほぼ肉眼では確認できないので花粉発生の情報を確認したら花粉症の症状が出る前に対策を講じることが重要です。

花粉防護品

もはや花粉の防護品は一般的になってきましたがマスクや、メガネが効果的です。最近では花粉をガードする為のスプレーも登場しているのでこれらを組み合わせて使用する事がおすすめです。

衣類の洗濯

帰宅後の衣類についた花粉対策はもちろんのこと、衣類の洗濯にも注意が必要です。洗濯後の衣類を屋外に干すと洗濯物に花粉が付着し、その衣類を着用すると花粉症の症状が出てしまうことがあります。屋内で衣類を乾燥させたり、花粉防護ネットを用いるようにした方が良いでしょう。

体に付着した花粉を落とす

外出から帰宅した際に衣類についた花粉を除去すると思いますが、人間の肌や髪、すでに鼻の内部にまで花粉が侵入している可能性があります。

帰宅した際は衣類と体に付着した花粉を落としましょう。手洗いや入浴、鼻うがいが有効です。

ステロイド治療中は花粉症軽減

潰瘍性大腸炎やクローン病患者で現在ステロイド治療中の方も多いとお思います。ステロイド治療は免疫を抑制させる治療なので花粉症も軽減します。

私の場合はプレドニン服用のステロイド治療を行ったのですが、ステロイド治療中は花粉症の症状は一切出ませんでした。

炎症性腸疾患と花粉症の薬を同時に飲むのは危険

潰瘍性大腸炎やクローン病患者は薬を服用して治療を行なっていると思いますが、炎症性腸疾患の薬を服用しながら花粉症の薬を同時に飲むのは危険な場合があります。花粉症の薬はかかりつけの専門医の指導の元、判断してください。

潰瘍性大腸炎やクローン病は特殊な病気の為、治療に用いる薬も特殊な場合が多いです。薬の飲み合わせや有効性を失う可能性もあるので花粉症に対してはなるべく薬に頼らない治療を行った方が良いです。

花粉症治療でステロイドを使うのは危険

まれに花粉症の治療でのみステロイドを処方する医師がいます。花粉症は季節性のものであり慢性的ではないので治療期間の長いステロイド治療は必要ないはずです。

ステロイドの副作用や離脱症状のリスクを考えると花粉症の為だけにステロイド治療を行うのは大変危険な事です。花粉症でステロイド治療を勧められた方は副作用を理解したうえでステロイド治療を行う必要があります。短期でのステロイド治療は危険なのでアレルギー専門の医師に相談するべきです。

まとめ

潰瘍性大腸炎やクローン病患者は花粉症になりやすい傾向にあります。炎症性腸疾患自体が免疫力の異常で起きていると考えられる病気ですので花粉に対しても異常反応してしまうからです。

逆にステロイド治療中の患者は免疫抑制治療ですので花粉症の症状が軽減されます。ですが花粉症の治療のためだけにステロイド治療を行うことは危険です。もし医師にステロイド治療を勧められた場合はアレルギーの専門医に一度相談し検討すべきです。

花粉症は予防対策や日々の体調管理で軽減することができるのでぜひ腸内環境を整える生活をしてもらいたいです。