Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
在宅ワーク

クローン病のキャリア キャリアを磨いて生活を良くしよう

パソコンワークするクローン病患者

クローン病は生まれた瞬間に診断される病気ではありません。

医学の進歩により遺伝的要因もあると考えられているそうですが

残念ながら生まれた瞬間にはクローン病かどうかはわかりません。

人生の途中でクローン病だと診断されたらどうでしょうか?

特に若年層にクローン病を患う方が多いので

就職や進学、今後のキャリアを考えていく必要があります。

今回は私の経験からクローン病がどういう道を歩んでいけばいいのか

どうキャリアアップしていくのかに着目していきたいと思います。

クローン病患者のキャリア

学生でクローン病を患ってしまった方も多いと思います。

クローン病の症状を抱えて学校生活を送るのはとても困難で苦しい道かもしれません。

義務教育を終えて就職をするか進学をするか迷う時期なら

なおさらクローン病を抱えていると大変です。

クローン病で失う可能性

私もクローン病を患い諦めるしかなかった道や

挫折してしまった職業があります。

クローン病になってしまうと再燃期は普通の生活を送れないくらいの

症状が出てしまうのでしょうがない事かと思います。

クローン病で自分の可能性が狭められてしまうのです。

だからといってすべてを諦めてしまったら生きてはいけません。

クローン病患者でも生きていく権利もあるし

生きていく道もたくさんあります。

迷ったら進学

進路迷っているクローン病を抱えた学生に

私が迷わず言う言葉は『進学をしなさい』です。

進学しても普通の学生生活を送るのは大変かと思います。

それでも私は進学を推薦します。

高卒での就職先は限られてくるからです。

私は高卒で大手建設会社に就職しました。

社会人4年目でクローン病を患ってしまったので退職するしかなかったのです。

進学先で可能性を広める

高卒での就職を悪いというわけではありませんが

高校を出てすぐ専門職や管理職にはつけません。

クローン病患者は体を使っての労働はあまり向いてないので

大学や専門学校に進学し専門的なスキルを身に着けてから

体調に合った就職先を見つけたほうがいいと私は考えています。

会社在職中にクローン病を発病した方

すでに会社在職中にクローン病を発病してしまった方は

働き方を考えなくてはいけません。

クローン病のせいで会社を辞めるなんて嫌だと思いますが

クローン病を患っていて肉体労働や拘束時間が長い仕事は

正直、使いかと思います。

ですがすぐに会社を辞めるという選択をしないで上司に説明をして

理解を得る努力をしましょう。

勤務しなが別のスキルを身に着ける

クローン病を患ってしまっても現在の仕事をすぐに辞めなくてもいいですし

続けられるなら続けるという選択が正解です。

ですが再燃を繰り返すクローン病ですので

いつか会社を辞めるという選択を迫られる時が来るかもしれません。

なので勤務は継続しつつ

会社に属さなくてもできる仕事を身につけましょう。

私は会社を退職してから試行錯誤をしながらフリーランスとなり

在宅ワークで生活をしています。

会社を辞め、自分に何ができるかを考えている空白の時間がありました。

空白の時間はもちろん給料はでませんし、雇用保険でもらえる失業保険は

微々たるものです。

何かとお金のかかるクローン病にはつらい期間でした。

空白の時間を作ってしまわないように会社を辞める前に

スキルアップし、自分の出来ることをみつけましょう。

スキルさえあればクローン病でも大丈夫

社会的に難しい立場になってしまうクローン病ですが

スキルさえ身に着けておけば

生活が困窮してしまう事はありません。

自分の好きな時間に好きに働けている私は今の生活に満足しています。

だけどさらにキャリアアップを図って

クラウドソーシングやセミナーで知識の幅を広げています。

今後さらにクローン病でもできる仕事を増やしていきたいです。

クラウドソーシングとは

簡単に言うと

Web上で仕事を受注する事です。

簡単無料で登録できてWeb上で仕事を探し

自分の出来る仕事を選択してこなしていけばいいので

誰手にでもできます。

私の場合は本業の在宅ワークの合間に取引相手からの回答待ちの時間が

どうしても出来てしまうので

待ち時間に自分で出来る仕事を受注して作業しているという感じです。

クラウドソーシングで出来る仕事

初心者から上級者まで様々な仕事があります。

私はPC技術はまだまだなので

すでにできる仕事やちょっと調べればできる仕事の範囲で受注しています。

スキルさえあればクラウドソーシングだけで生活していく事も可能です。

  • アンケート
  • ライティング
  • バナーデザイン
  • HPデザイン
  • プログラミング
  • アプリ開発

ざっと大枠でみてこれくらいの種類のお仕事が存在します。

今後さらに増えていく可能性が大いにあります。

稼いでいくにはスキルが必要

これらの仕事でコンスタントに稼いでいくには

スキルが必要です。

初心者でもできる仕事も存在しますが

単価が低く、数をこなしていかなければなりませんので

クラウドソーシングである程度の収入を求めるなら

バナー制作やHPデザイン、プログラミングのスキルが必要となります。

まとめ

クローン病を患ってしまうと進学や会社など諦めてしまう事が多いと思います。

ですがクローン病でもできる仕事や将来性は確実にあります。

まず、進学を目指している人は進学をしてスキルを身に着けたから

自分の将来を決めていったほうがいいです。

そして会社員の方は会社を辞める前に何かスキルを身に着けてからにしましょう。

クローン病患者でも在宅でできる仕事もたくさんあります。

それにはまずスキルが必要です。

クローン病だからと諦めずスキルアップ、キャリアアップを目指しましょう。