Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
在宅ワーク

難病患者にとっての【ブログ】の意義

難病患者ブログの推進

私はクローン病患者です。クローン病というのは潰瘍性大腸炎と同じような病気で炎症性腸疾患と呼ばれる難病のひとつです。

クローン病とは クローン病の症状徹底解説

潰瘍性大腸炎とは クローン病と潰瘍性大腸炎の違い

難病患者である私は在宅ワークをメインに収益を得ています。そして在宅ワークと同時進行でブログを始めました。今回は難病患者がブログを始めることのメリットやブログを通して得られる生活について解説してきたいと思います。

難病患者はブログをはじめるべき

私が難病患者にブログをはじめたほうが良いと勧めるのは2つ理由があります。実は私もこの2つの理由でブログを始めました。私の場合はブログの知識やネットビジネスの知識がゼロの時点でスタートしています。サイト運営を通して学べくる事や得られる事はすごく多いと実感しています。

難病患者にブログを勧める理由①

難病というのは健全な人には理解できない部分が多くあります。ブログを通して自分の抱えている病気の情報を発信して社会に広めたり、理解を得られたりする事ができます。そして同じような難病を持っている人との接点も築いてくれます。サイトやTwitterを通して同じ病気の人と情報共有をする事ができます。

私もブログを始めた理由の一つとしてクローン病をもっと社会に認知してほしい。クローン病であっても働ける会社がもっと増えてほしいと考えブログを始めました。

難病患者にブログを勧める理由②

ブログにアクセスが集まると収益を得る事ができます。難病患者は仕事が限られてきます。私自身も普通の会社勤務で収入を得ることが難しいと判断し在宅ワークでの収益で生活をする日々を送っています。在宅ワークで仕事をしていると時間に余裕ができるので同時進行でブログで情報発信をして収益化したいと思いブログを始めました。

ブログで安定した収入を稼ぐことは難しいですが稼げるブログをひとつ作ってしまえば、仮に体調を崩して入院する事態になってしまっても入院中にブログが収益を生んでくれます。

ブログをはじめるには

ブログを勧めるられてもすぐには出来ないと思う方も多いでしょうけど、私が今運営しているブログの基本部分は1日で作りあげました。記事をアップしながらちょっとずつカスタマイズはしているものの、基本的には1日でサイトを作りあげてあとは記事をアップしていくという感じです。

ブログにはいくつかの種類があります。簡単にブログの種類を紹介します。

ブログの種類

ブログには独自ドメインを取得してサーバーレンタルをして開設する方法とブログサービスを利用してブログを解説する方法があります。

独自ドメイン、サバーレンタルするブログはWordPressを使ってのブログが主流といえます。

ブログサービスを利用してブログを開設するのはアメブロや楽天ブログなどになります。

独自ドメインを取得するかブログサービスを利用するか迷いますが、ブログを自分の財産として最終的に収益化したいのなら独自ドメインを取得してWordPressを使ってのサイト構築した方がいいです。

アメブロなどのブログサービスは無料で始められますが、ブログの所有権はアメブロなどのサイト側にありますので、勝手に広告が出たりします。

その広告を消す為に月額がかかったりするのでどうせなら独自ドメインを取得してブログを開設した方がいいです。

独自ドメインの取得

こちらもいくつか種類がありますが一般的なのは「お名前.com」で取得する方法です。年間契約ですので1年のドメイン料が発生しますが、年間1000円前後なので誰でも購入できます。

こちらからドメイン取得することができます。

レンタルサーバーの申し込み

独自ドメインを取得したら次はレンタルサーバーを契約します。私はWordPressと相性のいいXサーバーを選びました。サーバーもたくさんあって選択が難しいですが初心者はXサーバーを契約するのが1番いいと思います。ドメインのサーバー設定やWordPressのインストールが簡単に行うことができます。

医療、病気系ブログの現状

Google様のアップデートにより個人での医療系、病気系ブログは検索で不利な立場になってしまいました。病気関連の検索結果はどれも病院や医者など権威性のあるページがトップにヒットして個人のブログは表示されにくくなっています。

それでも私が難病に関してのブログを運営する訳があります。

病気ブログを継続する理由

病気系のブログが上位検索されなくても私が病気ブログを継続する理由は、医者というのは病気を治療するプロではあるけど、実際に病気なわけじゃない。という事が理由です。病気に関する医学的な知識は医者の方があると思いますが、実際にその病気を経験している訳ではないので病気の体験談や症状の詳細、病気への思いは書けないです。

だからこそ病気を経験している人が、情報を発信する意味があるのではないかと考えて記事を日々アップしています。

自分にしか作れない記事を作る

ブログは自分にしか作れない記事(コンテンツ)を作ることで存在価値が生まれます。病気ブログは病気に関する知識がある。もしくはその病気を実際に経験している人にしか書けないジャンルです。

自分にしか作れない記事を作ることに意味があり、ブログを見てくれる読者に対してより良い情報を提供していくことがブログの本来の役割す。

もしあなたが難病患者であって、他の患者に有益のある記事を作れるならブログをはじめるべきです。

ブログが認められれば体調を崩しても収益は得られる

もしあなたのブログが有益のあるブログでアクセス数を集めることができれば、病気があっかして入院や治療を余儀なくされてもブログからの収益を得ることができます。

また入院中でもネット環境があって両手が動かすことができればブログ記事の更新は行えます。

ブログで収益を得る方法はいくつかありますが、まずはブログ始めていてアクセス数をを集めているという事が絶対条件になってきます。収益は後からついてくるものでありすぐに稼げるわけではありません。

ただ病気に関する有益な情報や自分が行なっている病気への対処法などを中心に記事を作成していけばあなたのブログにアクセスが集まり、収益を生んでくれるかもしれません。難病にかかって落ち込むかもしれませんがその経験が世の中で役に立つかも入れないのでぜひ発信してみてください。

まとめ

私は難病になりブログを始めました。ブログを始めた理由は2つです。

まず自分の病気を世の中でもっと認知してもらいたい。病気に対して理解のある社会にしていきたいという事ともし自分が体調不良で仕事ができない状態になってしまった時にブログで収益を得ることができれば安心して治療に専念できると思い始めました。

ブログをはじめるにはいくつか選択肢がありますが、独自ドメインを取得しレンタルサーバーを契約する方法が一般的です。

もしあなたが難病患者で世の中に情報を発信していきたいならブログをはじめるべきだと私は考えます。