Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
クローン病

新型コロナウイルスによる病院の変化

新型コロナウイルスが猛威を奮っておりますが、皆さん対策はできていますか?マスク不足アルコール不足でいよいよ対策グッズが手に入りにくくなってきました。

そんな中、私は持病のクローン病の定期検診と薬をもらう為にかかりつけの病院に受診してきました。そこで新型コロナウイルスによる病院の変化を目のあたりにしたのでお伝えしようと思います。

来院数が激減

定期検診の為に病院へ受診しました。私は再燃していない時の検査項目は血液検査だけ行います。血液検査の結果が出るまでにいつもは1時間半ほど待たされるので急いで採血へ。通常混雑しているはずの採血が待ち人数3人しかいませんでした。

採血を済ませて診察ま2時間以上待たされる事が多いので一度外出しました。1時間半ほどしてから待合室に戻ってみるとすでに1時間前に呼ばれていたようです。。。

もう一度呼ばれて診察室に入るとそこにはマスク、手袋、防護服の医師がいました。

聞いてみると新型コロナウイルス対策だそうです。どうやら待ち時間が少ないのも新型コロナウイルスのせいで来院数が減っていたからだった様です。

感染するリスクを考えて受診を避ける

私が普段、持病のクローン病で受診しているのは私の住んでいる地域では1番大きい病院です。なのでいつ行っても混雑しているのですが、新型コロナウイルスが流行してからは来院数が激減しているそうです。

病院は新型コロナウイルスの感染のリスクが高いとみんな思っているのでしょう。

マスク不足の影響も?

新型コロナウイルスが流行していなくてもその他、病気への感染を恐れて病院へ行く際はマスクを着用していく方が多いです。今回の新型コロナウイルスの流行でマスクが不足していて病院でも購入する事ができません。その為マスクがないので軽い症状では受診しない方が多くなったのではないかと思います。

通常時の来院数が異常なのでは?

新型コロナウイルスの影響で来院数が激減しているという事は、通常時が異常な来院数なのではないかと疑ってしまいます。日本は医療制度が良すぎるせいか異常に病院に受診する人が多すぎると私は考えています。

今、新型コロナウイルスの影響で病院に来院する人が減っている。この現状が本来、病院の適正な来院数なのではないでしょうか。

気軽に受診する人が多すぎる

通常時、病院を受診するとかなり混雑していて待ち時間も異常なほど長いです。定期的に受診を余儀なくされる病気を持っている人や緊急を要する患者が長い時間待たされるのは日本が抱える大きな問題ではないでしょうか。

軽い症状で病院を受診する人が多すぎます。それによって難病患者や緊急を要する患者が迷惑しているという事をもっと考えて受診するべきです。

気軽に受診する人が感染者を増やす

いまは新型コロナウイルスの影響で来院数が激減していますが、毎年流行るインフルエンザは致死率が低く、治療する薬も確立しているので感染のリスクを負ってまで気軽に病院を受診する人は多くいます。

そういった軽い症状で来院する人が病院でインフルエンザに感染してウイルスをばら撒いている可能性はかなり高いです。

病院に来院するということは感染のリスクを高める

気軽に来院する方は新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザや溶連菌など毎年流行する感染症の感染リスクが高くなることを認識していただきたいです。

病院を受診するなという意味ではありませんが、自分の症状と来院する病院を正しく選択してもらいたいです。いま高齢化が進み先進医療のある大きい総合病院などは新規の患者を受け入れる事が難しいほどに患者を抱えています。

そこに軽症で受診をしてしまうと、本当に受診しなくてはならない患者が後回しになってしまう可能性もあるし、予防できたのに感染症に感染してしまう事態にまで発展してしまうかも知れません。

軽い症状では病院で出来る事も限られる

軽い症状で受診する人多いですが、軽い症状で受診しても病院側も出来る事は限られてきます。今回の新型コロナウイルスに関しても軽い症状で病院を受診しても感染のリスクを高めるだけなので自宅療養で様子を見たほうがいいと専門家も発表しています。

症状が軽い人は自宅療養、テレワーク推進

新型コロナウイルスに限らず風邪やインフルエンザでも症状が軽いうちは無闇に受診しないで自宅で様子を見て明らかな症状が出始めてから受診しても良いのではないかと私は考えています。

感染が明らかではないと医師も危険

軽い症状で受診していたのでは医師をも危険に晒すと考えられます。明らかに感染しているだろうと患者から申し出があったのなら医師もそれ相応に準備をして診察にあたります。新型コロナウイルスに関してはわかりませんが、インフルエンザは発熱から24時間程度は陽性反応が出ない事があるのでインフルエンザではないと思い医師や看護師も油断をしてしまって感染してしまうという事態も考えられます。

医療機関が感染症に感染してしまうと、その医療機関を受診した患者全てに感染のリスクを伴ってしまいます。

感染していると判断したら受診

感染症に感染していると判断してから受診した方が良いです。インフルエンザの場合は医療機関に問い合わせをして他の患者に感染を及ばさない様に対策をしてから受診してください。新型コロナウイルスを疑う方は直接病院に行く前に自治体で設立している電話相談窓口に一度問い合わせをした方が良いです。

各自治体で相談窓口を設けていますので「お住まいの地域 コロナウイルス」などで検索してみてください。

まとめ

新型コロナウイルスの影響で医療機関の来院数が激減しています。無闇に医療機関を受診すると新型コロナウイルスの感染のリスクが高くなると思っての事だと思います。

本来、病院というのは通常時でも今ほどの来院数で定期的な受診が必要な患者や緊急性の高い患者を素早く診察出来るのが理想ではないかと私は考えます。