Home work for Crohn's disease patients
クローン病患者の在宅ワーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
在宅ワーク

新型コロナウイルスが経済に大打撃

コロナウイルスの影響

日本はいまコロナショック真っ只中です。新型コロナウイルスによって経済的大打撃をうけているのは中小企業が中心ではないでしょうか。

大企業はコロナショックを前向きに捉えて社会に貢献してブランド力をあげようと必死になっている様に見えます。

中小企業や個人事業主には社会に貢献するほどの資産がないのでコロナショックを機に名をあげることはまず難しいです。

私自身個人事業主として働き、出資している事業もありますが今回の騒ぎでかなりの損失を出しております。

臨時休校が個人店に大きな影響

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為に3月いっぱい臨時休校となりましたがこれにより中小企業や個人事業主は大きな影響を受けています。

特に客商売をされている方には影響は大きいのではないでしょうか。

個人目線で考えると新型コロナウイルス対策にどうしてもお金を掛けてしまうので贅沢品の購入は避ける様な動きになります。そこにきて臨時休業で普段通り働きない働く時間を制限されてしまうとなっては個人の収入が減り、さらにコロナ対策で出費は多くなるので購買意欲が著しく下がってしまいます。

臨時休校で売上激減

国民の購買意欲が下がってしまうと直接影響を受けるのはやはり末端の中小企業になります。外食産業やサービス業は客足がかなり減少しています。

このままコロナショックが収束しなければ閉業するお店や企業もかなり多くなるのではないかと考えられます。

臨時休校は間違った対策?

日本が新型コロナウイルスの完成拡大を予防する為にとった臨時休校という対策は間違った対策だったのではないかと議論がされています。

実際に臨時休校によって経済的に悪影響がある中小企業も多いですし、個人の店舗では客足が通常の半分以下に減ってしまったという店舗もある様です。

また臨時休校でやる事のない学生達は自宅でじっとしている事ができずに外出してしまうというケースもあります。本来学校にいるべき時間を外出していたのでは学校にいるよりも感染リスクを高くしている気もします。

今後の感染の広がり方次第では間違った対策になってしまうのではないかと考えられます。

新型コロナウイルス対策が過剰すぎる

中国から感染がはじまり、日本でも感染者が出ているのは事実ですが日本国民は新型コロナウイルスに過剰になりすぎていると思います。

感染のリスクを減らす為に出国を控える事はまだわかりますが、身近に感染者がいるわけでもないのにマスクを大量購入したり、間違った情報でトイレットペーパーを買い占めたりするのは異常な行動ではないでしょうか。

過剰に対策するタイミング

今現在、お住まいの地域に感染情報がある時は過剰に対策する必要がありますが、現時点で自分のいる地域に感染情報がない場合は、手洗い、うがいや定期的なアルコール消毒を行なう程度で良いと思います。

影響のない地域でまで過剰な対策を講じてしまうと本当に対策が必要な地域にマスクやアルコール等の対策品が供給しなくなってしまいます。それこそ国内の感染リスクが高くなってしまうのではないでしょうか。

適した対策をする

いまネットやSNSでは誤情報や行き過ぎた情報が出回っています。私のいる地域では感染者が出ているのに隠しているなどの噂も出回っています。

そういった誤情報に惑わされずに適した対策を講じる事が大切です。

トイレットペーパーにしてもそうです。誤情報を鵜呑みのしたばっかりにドラックストアなどの日用品販売店に購入者が殺到しましたが、感染のリスクを高めているだけだと思いませんか?

誤情報や噂を流す人が悪いですが、正しい情報をキャッチし適した対策をする事が大切です。